スポンサー広告
スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ
活動情報+リンク
(0) cmts.  
活動情報

契約作家で書かせていただいてます。BL中心に公開しています。

■幻創文芸文庫 ※一般小説

■幻創文庫 ※BL・官能小説


リンク

■各命堂

■D's Production ふたなり・リョナ・ゲーム・CG制作サークル

■年下攻めがすき!! 同盟
スポンサーサイト
オリジナル/一般
小説【Mさんの部屋】
 
 先輩芸人のMさんが部屋を借りました。
 年齢だけなら中堅どころのMさんは、最近じわじわと人気が出始めテレビで見かけることも増えて来ましたが、それに驕ったりもせず、昔から変わらず後輩達の面倒見のいい人です。最近になってようやく安定して収入が得られるようになったが、ちょっと前までいくつになっても「若手」同然だったと、酔うといつも下積み時代の苦労話になります。僕はMさんの後輩の後輩の後輩というかたちで、直接の繋がりはほとんどありませんし、一緒に飲みに行ったのも数えるほどしかありませんが、それでもMさんは僕の名前を覚えてくれているし、仕事振りも気にしてくれます。
 そんな人だから後輩達に慕われて、引越しの時も何人もの無名の若手芸人が手伝いに駆けつけました。僕もその一人です。
 Mさんが部屋を借りたアパートは、都心から電車で三十分ほどの町にある古い二階建てです。駅やバス停から遠く、最低でも自転車がないと買い物もしづらく不便だし、窓から見えるのは雑木林だけで、まぁとにかく何もないところです。辺鄙なところというのでしょうか。他の民家も離れていて静かなのはいいけど、静か過ぎて退屈な印象は、誰もが感じるところだったと思います。でもMさんは静かな方がいいらしく、特に不満はなさそうでした。というより、後で聞きましたが、知り合いの不動産屋から格安で紹介された物件だというから、文句を言う気もなかったのでしょう。なぜ格安かというと、実はここで陰惨な殺人事件があった……とかではなく、この不便さ退屈さゆえに入居者がおらず、安くするから入ってくれ、ついでに仲間にも紹介してくれ、という話らしいです。何でも、数十年前に近隣で大規模な都市開発計画が持ち上がったらしく、このアパートもその頃将来を見越して建てられたらしいが、結局計画は頓挫して近隣は何もなく静かで退屈なまま、となってしまったようです。下積み時代ならともかく、正直、今のMさんだったらもっといい部屋を選べたと思いますが、ボロアパートの方が面白そうだから、という芸人らしい理由もあるそうです。でもMさんには倹約家という一面もあるから、多少不便でも安く済ませられるならその方がいい、とも思っていたかもしれません。不安定な仕事ですから。何にせよ、独り身のMさんですから、Mさん自身で好きに決められます。
 アパートは一階二階それぞれ四部屋ずつあって、Mさんの他に入居者は二人いました。いずれも独身男性で、一階と二階に部屋を借りています。Mさんは、二階の内側の部屋を借りました。角部屋も空いていたのですが、目を閉じて指差した先が、階段から一部屋置いた二〇二号室だったからそこに決めたそうです。
 引っ越し当日、入れ替わり立ち替わりで十数人の後輩達や、Mさんの友人の女優、Nさんも遊びに来て、部屋の片付けはすぐに済みました。その日は僕も含めた数人の後輩達が、Mさんの誘いもあってそのままMさんの部屋に泊まりました。
 周りに何もない退屈な場所だし、Mさんの部屋の両隣も真下も空き部屋なので騒音で迷惑をかけることもないし、それからもたびたび、Mさんの部屋に遊びに行きました。泊まることも多くあり、Mさんの部屋は、若手芸人達の溜まり場のようになっていきました。

続きを読む

オリジナル/BL
小説/BL【夜の目】
(0) cmts.  
          【夜の目】


 ある日、同じ年頃の男の子に出会った。
 オレと同じ十歳かそこらの男の子だ。
 酷く暗い目をしていた。
 俯いて塞ぎ込んだ顔をしていたけど、その表情は、顔中いたるところに負った傷のせいであるらしかった。
 いや、傷は顔だけじゃない。
 そいつは全身傷だらけだった。
 顔も手も腕も、半ズボンから伸びた脚も、服で隠せない体中そこかしこに、痣や擦り傷や絆創膏が見られた。服の内側の肌も、これじゃ傷だらけなのかもしれない。
 そいつはオレの前に歩いて来て、立ち止まった。
 オレに何か用でもあるのかと思って、オレも足を止めてそいつを見た。
 でもそいつは何も言わない。
 いや、オレの顔も見ようとしない。
 ただ黙って俯いているばかりだ。
 目の前にオレという通行人がいることに気付いていないのだろうか。こんな辛気臭い面をした奴と、黙って見つめ合っていても時間が勿体ない。
 オレはそいつの脇を抜けて行こうとした。
 したけど、でも、爪先がぴくりと震えただけで、足は動かなかった。
 思い止まった、みたいなことか。
 そいつが、ほんの少しだけ顎を上げて、オレの目を見たんだ。

続きを読む

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

オリジナル/一般
小説【あなたが吐いた】
(0) cmts.  
 体調が優れないと、言っていましたものね。
 食後三十分足らず、そんなに量も食べていなかったけれど、体が拒否をしたのでしょう。
 あなたの身を案じて私が見つめる目の前で、あなたは食べた物を吐き出し、床を汚しました。
 胃の底からこみ上げる不快の塊に頬を膨らませて、背を丸め腹を波打たせ、勢い良く嘔吐しました。
 噴水の水が飛沫をあげて迸るように吐き出して、蛇が尾を引いて逃げるように、口元から生白い糸を引いて、あなたは茫然と足元を見つめる。
 床を汚してしまった罪を感じているのでしょう。私はあなたに微笑みかけてそれを否定し、あなたに早く着替えるように言いました。だって床が汚れた以上に、立って嘔吐したあなたは、自らの衣服も足元も吐瀉で汚してしまったのですもの。その方が余程私の胸を痛めます。服を濡らした吐瀉物が、あなたの熱を奪って、あなたがさらに体調を崩すかもしれません。私に急かされるまま、あなたは汚れた衣服を替えに行きました。体調のためか罪悪感のためか、力なく背を向けるあなたに、温かくして早く横になるようにと、私は一言付け加えます。
 さて、汚れた床の掃除は私の仕事です。
 私はその場に膝を突いて、両手を突いて這いつくばって、あなたが吐いた物に顔を近付け、唇を付けます。
 そのままずるずると啜りました。
 吐瀉物は半透明に濁り、先ほど私と共に食べた物が、噛み砕かれて中途半端に溶かされた状態でごろついています。一度は浴びた胃液のせいなのでしょうか、酷く強い粘り気を持っています。まるでこの不定形の吐瀉物が、一つの膜ですっぽり覆われているかのように、端から啜っても向こうの端までぶるりと震えて応じます。
 あなたの中から出て来たばかりのそれは、あなたの肌のように柔らかく温かい。
 目を凝らせば湯気の立つ。
 固形と紛う鼻汁のような粘液が、啜る舌の上でぬろんと転がり、強い苦みと酸味が口一杯に広がって、消化不良の異臭が鼻を衝きます。
 温めたミルクの表面に張った膜を摘まむように、床に這い、あなたの吐瀉物を私は啜り、ごくごくと飲み下します。いいえ、水を飲むように速やかな喉ごしではありませんけれど。粘り気が非常に強いものですから、舌一杯分を飲み下すのにも、何度も舌をうねらせ奥に送り、何度も上向いて食道に落とさなければなりませんでした。
 あなたの舌に触れ、あなたの歯に叩かれ、あなたの喉を這い、あなたの胃に抱かれた、食べ物だったものを、私は嬉々とした面持ちで啜ります。
 豆の食感や肉の筋がまだ残っているものも、中にはありました。それは粘液ごと奥歯で噛み砕いて飲みました。ぐじゅ、と柔らかな食感が、脳にまで響きます。細かく噛み砕くほど、なお口の中にあなたの酸味が広がって、私はやはり嬉々とします。
 あなたと、何かを共有している気になったのでしょうね。
 愛するあなたと一つになりたい。
 それが私の本心ですもの。
 啜り、噛み、飲み下し、そうしてしまいには、あなたが吐いたものはすっかり私の胃に落ち着いてしまいました。
 わずかに残る吐瀉の残滓を、舌で丁寧に舐め取り、それも飲み下します。
 床はすっかり綺麗。元通りです。
 床から立ち上がると、唇を濡らす胃液のあとを指先で拭い、愛しいあなたの寝室へと向かいました。

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

オリジナル/BL
小説/BL【どうかこの身に】
(0) cmts.  
 汽笛の叫びが耳を劈き、僕は小さな帝国旗を手に唇を噛んだ。
 彼の背に立ち止った黒い汽車が、彼を飲み込む奈落の口をぽっかり開く。
 旗を手に、僕は彼に笑って見せた。
「どうか偉大な御国の為に」
 彼も笑い、頷いた。
「ええ、きっと」

続きを読む

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

二次/一般/ドラゴンクエスト5
小説/二次【これから】
(0) cmts.  
 ラインハットへと向かう道程。
 もう中ほどまで来ただろうか。
 関所は越えたものの、日が落ちて、辺りは茜色の平原に変わり始める。少し急げば今夜中にはラインハットに辿り着けたかも知れない。
 だが、まだ幼い息子、トンヌラに無理はさせられない。
 道中遭遇する魔物と懸命に戦い、必死に私の足について歩いて来るが、小さな身体に積もる疲労は、大人の私のそれとは比較にならないほど、重く膨大だ。
 息を荒く繰り返し、それでも弱音一つ吐かずについて来るトンヌラに振り返り、言った。
「もうすぐ日が沈む。今日はここで野宿としよう」

続きを読む

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

二次/一般/モンスターハンター
小説/二次【凍土に死す】
(0) cmts.  
 ぎし。
 ぎい、ぎし。
 錆びた鉄塊が擦れ合うような耳障りな音を響かせて、氷塊が川を流れて行く。
 言うまでもなく、川の水温は人を殺す。
 一吐きごとに凍て付いて落ちて行く吐息に喉を鳴らし、重い鎧の内で凍える身体を鼓舞して走る。
 幸いにして、寒冷の嵐は今はない。
 次第に目を焼く氷雪ばかりの空間。ほんの少しのそよ風が吹くだけで、粉雪交じりの風刃はさながら頬を削ぐようだ。雪深い土地に生きる木々がわずかに点在し、木の根元では、厚い脂肪の防寒服を身に備えた偶蹄類が、凍り付いた雪を掘り返して、ほんの少しの食物を探している。
 雪と氷と死に近い生しかない、こんな場所に何を求めて、あれは雪を蹴立ててやって来たのだろう。

続きを読む

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

二次/一般/真・女神転生
小説/二次【この家】
(0) cmts.  
 近所の商店街をあちこち歩き回り、豚肉と生姜とタマネギ、それからレタスとニンジンを買った。家の冷蔵庫には余り物のブロッコリーや大根もある。購入するのはこれで充分だ。
 育ち盛りの男の子らしく、息子は肉料理が大好きだ。野菜も食べるように、いつも口が酸っぱくなるほど言っているけれど、彼の箸は肉ばかり摘む。今日の夕飯は、豚の生姜焼きと野菜たっぷりのサラダにする。
 夫婦の口座に夫の給料が振り込まれていたので、食材や日用品を山ほど買い込んだ。両手に提げた白い買い物袋をカサカサと鳴らして十分ほど歩き、自宅に帰り着く。キチジョウジの住宅街の一角に、家族が暮らす家がある。夫婦と息子一人の三人家族だが、夫は新聞記者として事件を負うばかりで、あまり家には帰って来ない。
「ただいま、パスカル」

続きを読む

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

二次/一般/葛葉ライドウ
小説/二次【ストレイサマナー】
(0) cmts.  
 筑土駅正面に架かる橋に佇む、一人の書生の寂しげな姿に、道行く人々、特に女性達は、みな足を止めて振り返った。赤い夕陽に照らされ、悲しげに川面を見つめる長身の彼の、その儚げな美しさに恍惚となりながら。
 黒い学帽に学生服、肩から覆うマント、上から下まで黒尽くめという、一見暑苦しい格好だが、反して彼の美貌は雪のように白く、涼しげだった。夕暮れの欄干に寄り添い、はらはらと揺らめく川面に何ごとか想いを馳せる一人の少年。夕陽色に煌く姿は、ことのほか見事な画になる。
 足元にちょこんと座った黒猫も相まって、彼のいるその空間だけ甘い夢のように香り、人々は、その光景に束の間見入ってしまうのだ。
 絶え間なく行き交う町人の足音が、時の経過と共に少しずつ闇に消えていくと、足元の黒猫が待ってましたとばかりに、しなやかに漆黒の身を躍らせた。赤い欄干の狭い足場の上に軽やかに飛び乗り、先刻から一言も発せず、身動ぎ一つしない書生の美貌を見上げて、「ニャア」と鳴いた。
 いや、その猫の鳴き声は書生の耳には、「本来」の声と「言葉」として聞こえているようだ。
「ライドウ。どうした? 業魔殿を出てから、様子がずっとおかしいようだが……どうかしたのか? 俺に答えられる話なら聞くが?」
 黒尽くめの書生は、いつも通りに黒猫の言葉を聞き取り、瞳をちらりと動かした。

続きを読む

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

tag : *  一般 

∧top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。